2022年ワールドビアカップ®優勝者決定

世界57カ国から1万点以上の応募があり、世界最高峰のプロフェッショナル・ビール・コンペティションで評価を受ける

ミネアポリス-2022年5月5日-アメリカの小規模で独立したクラフトビールメーカーの促進と保護を目的とする非営利の業界団体であるビール酒造組合(BA)は、最大の国際商業ビールコンテストである2022ワールドビアカップ(WBC)の結果を発表しました。

この賞は、ミネアポリス・コンベンション・センターで開催されたCraft Brewers Conference® & BrewExpo America®の閉会式で木曜日の夕方に授与されました。

2020年のパンデミックによる中止から復活した2022年のワールドビアカップは、57カ国を代表する2,493のブルワリーから10,542のエントリーがあり、これまでで最大の大会となった。

応募作品は、28カ国226名の精鋭審査員によって評価されました。審査は、9日間にわたって18のセッションで行われました。審査員は309の賞のうち307を授与し、103のビアスタイルカテゴリーで金賞、銀賞、銅賞がそれぞれ1つずつ授与されました。カテゴリー68「ベルギースタイル・ウィットビア」では、金賞・銀賞の受賞はありませんでした。

ワールドビアカップの競技ディレクターであるクリス・スワーシー氏は、「ワールドビアカップは、世界のビール醸造コミュニティの驚くべき幅広さと才能を示すものです」と述べています。「この非常に競争の激しいイベントで賞を獲得することは、醸造技術における最も偉大な成果の一つを象徴しています。本年度の受賞者の皆様、その卓越した功績を称え、おめでとうございます。

リリース全文を読む